フレンチブルドック小次郎の成長日記

# HI! コジたま先輩

# プロフィール

コジまま

Author:コジまま
2011年念願のフレンチブルドック 小次郎を我が家に迎えました☆
子育て奮闘中のママのブログです。ブログ初心者で不慣れな点が多々ありますが是非訪問していただきお友達になりたいです。
応援宜しくお願いします(*^_^*)

# FC2カウンター

# いくつになったの ver2

# 最新記事

# Clock Sweets

Clock Sweets
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

# カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

# QRコード

QR


# パリ☆おまけ☆

こんにちは コジままです☆


パリ4日目 ③


国立 ドラクロワ美術館


s-25P8251674.jpg


見つけるのに 苦労しました


s-25P8251675.jpg


サン・シュルピス聖堂の壁画を仕上げるためにドラクロワが最期に移り住んだアトリエと住居でした


「私の小さな庭の眺めとのどかなアトリエはいつも私に喜びをもたらしてくれる」


晩年の創作環境に満足つつ 1863年彼はこの家で息を引き取りました


そのおよそ半世紀後に持ち上がったアトリエの解体を


ドラクロワを深く信奉するモーリス・ドニやポール・シニャックをはじめとする


「ドラクロワ友の会」が食い止め、国立美術館としての設立(1971年)へとつながったのです


s-25P8251677.jpg


s-25P8251676.jpg


s-25P8251679.jpg


s-25P8251682.jpg


こちらの 白い建物も 見学コース


ココを見ないで帰ろうとしたら 係の人が ココも見なさいと教えてくれました


s-25P8251680.jpg


ここではまさに現物のパレットを見ることができます


生涯を変える旅になったモロッコからの土産物の数々や


19世紀の芸術界を彷彿とさせる自筆の手紙や手帳


1845年の作品を中心に様々な主題にわたる絵画やデッサンを展示しています


s-25P8251681.jpg


s-25P8251683.jpg


s-25P8251684.jpg


デッサン 習作 小さな作品が見れます


あまりお勧めではない


美術館を後にし


10分ぐらい歩くと  サン・シュルピス聖堂


ダヴィンチ・コードで有名になりました


s-25P8251689.jpg


1646年にルイ13世の王妃であるアンヌ・ドートリッシュの命により建築が開始される


ルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿を設計したルイ・ル・ヴォーを中心として設計が行われるが


工事は何度も中断


1745年に完成するが 1762年には火災 1770年には落雷により正面が破損するなど完成は困難を極め


最終的にはエトワール凱旋門の設計に関わったシャルグランの手によって修復された


s-25P8251690.jpg


なぜか ミラノの聖骸布 ??

s-25P8251691.jpg


s-25P8251692.jpg


1856年に描かれたドラクロワのフレスコ画『天使とヤコブの闘い』


s-25P8251694.jpg


ふたりの信頼できる助手と共に12年の歳月をかけて手がけた


本作は、旧約聖書 創世記36章24-32に記される≪ヤコブと天使の戦い≫を主題とした壁画作品である


s-25P8251693.jpg


             またそのうち続く




☆ 情報提供お願いします ☆

コジ親友が

肉芽腫性髄膜脳炎(GME)と診断

何でもいいので 情報をお持ちの方 ご連絡頂ければと思います

宜しく お願いします 





いつも応援ありがとうございます
ランキング参加中です「 ポチ 」して頂けたら嬉しいです
                         ↓




にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。